スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

グラフィックカード\(^O^)/

2009年07月31日
今回は自作パソコンシリーズというわけではありません

今日挑戦したことです

今日はCUDAです


ウチには、9600GTがあるのでBadaboomを試してみようと、体験版で試行錯誤しました( ̄∇ ̄;)

CUDAはGPUの力を借りて動作を快適にしようじゃないか
というものです
詳しくは自分で調べてください・・・ホントはウィキでURLを張ろうと思っていましたが、ウィキのサーバーの調子が悪いようで「現在、ウィキメディア財団のサーバに技術的な問題が発生しています。」となっていて開けなかったので。

Badaboomは、動画のエンコードをCPUの力だけでなく、GPUの力を借りてしようじゃないか
というものです。cudaの上で動作するのでGPUがcudaに対応している必要があるわけですな。
詳しくはここ

最初に僕が体験版をインストールしようとすると90%ぐらいのところで突然「ブチッ」って電源が落ちて再起動してしまい、その後ウイルスセキュリティーにEXEのファイルを開くランタイム的なもの(後でわかりました)が引っ掛かって、何も考えずにブロックしてしまいました。
するとすべてのexeファイルが実行できなくなり、スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→システムツール→システムの復元すら起動できなくなりました。
かなりあせりました・・・( ̄∇ ̄;)

そこでwindowsをセーフモードで起動してシステムの復元をしました(起動画面のまえにF8の長押しのやつです)

で、インストールしたBadaboomを起動して、試用を続けるを選んだら
エラーメッセージが。

なにかがnvcuda.dllから見つからないとのことでした。いろいろ調べた結果、system32にnvcuda.dllが無いことが原因みたいで、nvcuda.dllをsystem32に放り込めばいいということ。

しかし今日はnvcuda.dllの入手方法が見つからず、断念・・・

最終的にBadaboomの体験版は30日間もしくはエンコード30回までしかできないからいいかなということになりました
また機会があれば挑戦します
スポンサーサイト
PC | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

サンプル・イベント・モニターならBloMotion 現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。